トランクルームに預けられないもの|禁止収納物を確認しておこう!

とらおです。
今日はトランクルームに預けられないものについてまとめてみたいと思います。

トランクルームって調べれば調べるほどいろんな活用方法が出てきますが、やはり預けられないものもあります。トランクルーム業界用語で「禁止収納物」と呼ぶらしいのですが、いざ預けようと思った時に断られないように一緒に確認しておきましょう。

ペットを預けるのは残念ながら無理です^^;

犬、猫、ウサギ、リス、モルモット、小鳥、爬虫類、豚、etc

最近ではペットも多様化しているようですが、残念ながらトランクルームには生物は預けられません。引越しの時などで一時的にペットを預けたい場合、家族や知人にお願いするのが無難です。

過去にはこっそりとトランクルームにペットを預け、飼育していた方もいたそうですが、当然契約違反ですのでトラブルになったケースもあるそうです。

まあ、どう考えても糞尿や餌などでトランクルーム内に悪臭が漂うでしょうしね^^;

ちなみに「生物禁止」ということで、人間も住めないそうです。趣味スペースとして隠れ家的に使うのは大丈夫そうですが、常駐するのは禁止なのでご注意ください。

その他預けられないもの一覧

・生物、腐敗するもの、悪臭を発するもの:食べ物、飲み物、生花、生き物、皮製品、産業廃棄物、汚染物、etc

飲食物や動物・植物などの生物は基本的に禁止となります。

また、商売をしている人や、賞味期限が長い食べ物などを大量買いする機会がある人の中には「箱ごと一時的にトランクルームに預けたい」と考える人もいるかもしれませんが、禁止の可能性が高いので一度問い合わせてみてください。

・貴重品、高級品:現金、預金通帳、貴金属、印鑑、有価証券、高級家具、高級衣類、ブランド物、 美術品、etc

トランクルームはセキュリティーを厳しくしている会社もありますが、それでも必ずしも万全ではないので、貴重品はトランクルームへは預けず、自宅か銀行の金庫などを活用した方が良さそうです。

・可燃物、危険物:ガソリン、灯油、マッチ、ガス、シンナー、ベンジン、ペンキ、鈍器、刀剣、etc

これはまあ普通にダメですよね^^;
トランクルームの1室が火事になったら周りのトランクルームや収納スペースまで被害が生じる可能性もありますし。

ちなみに、ストーブは灯油を抜いた状態であれば収納可能のようです。

・人から借りているもの、盗品:

盗品がダメなのは当然として(笑)、人から借りているものについてははどこまで調べられるのか?よくわかりませんでした^^;

当事者間で了承が得られていたら預けちゃっても良いんじゃないかな?とも思いますが、この辺は借りる前にトランクルーム会社に問い合わせてみるとよいかと思います。

・その他:遺骨、遺灰、麻薬、鉄、etc

【結論】普通に使う分にはほぼ問題ない

トランクルームで預けられないものについて調べてみましたが、上記の禁止リストの物を預けたい人って少ないんじゃないでしょうか。ペットだけは一定数いそうですが、収納スペースとして普通に活用しようと思っていたら特に問題ないかと^^

家具や書籍、衣類、家電、アウトドア用品やサーフボード、ロードバイクなど趣味系の道具など、普通にかさばって邪魔なものを収納したい人は安心してトランクルームを借りれると思います。

どうしても不安な場合は借りたいトランクルームを見つけた後に、その会社に預けたい荷物の内訳を伝えて確認してもらうと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です