トランクルームの初期費用はいくらかかる?無料で借りれるのか?

とらおです。

今日はトランクルームの初期費用について調べたことをまとめてみたいと思います。

トランクルームを借りる場合、どうしても固定費になるのでできるだけ初期費用を安く抑えたいですからね。トランクルーム業界はどんな料金体系になっているのか確認していきましょう。

トランクルームの初期費用は敷金・礼金・保証金がかかる!?

私も正直驚きましたが、トランクルームの初期費用には「敷金」「礼金」「保証金」がかかるケースがあるそうです。まるで賃貸マンションを借りているような感じですね。。

ただ、大手トランクルーム会社は敷金・礼金をカットしている会社が増えてきているようです。よかったよかった(笑)

次に、初期費用の項目を簡単にまとめてみます。一般的なトランクルームの初期費用は以下の5つのようです。

・使用料:当月分の日割使用料&翌月分
・管理費:当月&翌月分
・事務手数料:使用料の1ヶ月分
・鍵代:屋外、屋内それぞれ
・セキュリティ登録料、保証委託料:
(・保険料)

管理費や事務手数料、鍵代などはトランクルーム会社ごとに必要かどうか変わってきますが、必要な会社だと初期費用が大体使用料の3ヶ月分〜5ヶ月分ほどになります。思っていたよりも高いな、というのが正直な感想です^^;

もちろんすべての会社がそうではなく、中にはキュラーズのように管理費・事務手数料・鍵代を全カットしている会社もありました。この辺はトランクルーム会社の方針によるところが大きいでしょうね。

ただ、使用料についてはどの会社も支払う必要があり、最低でも当月の日割り分と翌月分は初期費用としてかかってくるようです。ですので初期費用が完全無料でトランクルームを借りることはできなさそうです。

また、初期費用が安く抑えられても、月額使用料や解約料などによってトータルで考えた場合に割高になる可能性もあるので、予算を計算する時は借りてから解約するまでのスパンで見てみると良いと思います。

⇒各社の年間費用を比較してみました

補足:初期費用の各項目の意味:

・鍵代:トランクルームの鍵代。通常は初期費用のみ必要になる。屋外の方が安くなる傾向にあり。レンタル収納スペースの場合はセキュリティカードの場合もある。

・セキュリティ登録料:セキュリティ使用料みたいなもの。警備代?

・保証委託料:保証会社加入時に必要な費用。契約時に保証人代わりに保証会社への加入を義務付けている場合に必要になる。賃貸契約と同じ感じ。

・補償加入費:盗難保険や火災保険の料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です