トランクルームで盗難に遭うことはある?セキュリティが心配で確認してみた

とらおです。

トランクルームをレンタルするかどうか考えていると、やはりセキュリティ面が気になるところです。

「トランクルームで盗難の被害に遭うことは本当にないのか?」

これはやっぱり誰しも借りる前に不安になると思うので、今回は実際に遭った盗難を調べてみました。

トランクルームで盗難にあったケース

1.屋外コンテナで鍵を壊されて盗難

漫画や同人誌、アニメやゲームのグッズを屋外のトランクルームに入れていた男性が、鍵を壊されて盗難被害に遭った、という事例がありました。起こったのは4〜5年前。

その男性が借りていたトランクルームは備え付けのドアノブの鍵をかけていただけ。南京錠もかけておらず、夜は電気もついてなくて真っ暗、監視カメラも付いてないようなセキュリティー体制だったようです。

被害総額は約40〜50万円とのこと。

2.屋外コンテナのバイクが盗まれた!

これも屋外コンテナの話ですが、バイクコンテナを借りていたらある日コンテナが荒らされていて、中を見たら愛すべきバイクが盗まれてしまっていた、という盗難トラブルがあったようです。

バイクコンテナの盗難トラブルは今までも多いそうですね。ハーレーやドゥカティ、アグスタなどの外車はパーツも高く売れるので、高価な物は狙われやすいのかもしれません。

セキュリティの弱い屋外トランクルームは盗難リスクも

上記の盗難事例はどちらも屋外型トランクルームでしたが、やはり室内型よりも屋外型のトランクルームの方がセキュリティ面で弱い物件がまだまだ残っているようです。

もちろん屋外コンテナで何年も預けていて、全く盗難の被害に遭ったことがない、という人が大半ですが、屋外コンテナを借りたいと思っている場合は最低限

・監視カメラが設置されているか?
・夜中でも明るいかどうか?
・盗難保険は用意されているか?あるいはオプションで加入できるか?
・しっかり鍵をかけているか?(自分で鍵を増やすことも大切)

これらは確認する必要がありますね。

室内トランクルームは安全性に問題ないケースが多い

室内のトランクルームやレンタル収納スペースは管理人が常時いる会社があったり、監視カメラを何台もしっかり設置してセキュリティ面の整備を行っている会社が多いです。

24時間出入り自由かどうかは会社や物件にもよりますが、盗難や安全性に対する優先順位が高い場合は室内トランクルームを選ぶのが無難です。屋外コンテナよりは料金は高くなると思いますが、その分安心を買っているとしたら、余分に支払う価値は感じられるのではないでしょうか。

私は基本的には盗まれてもいいような物しかトランクルームに預けないと思いますが、「大切なものは自宅に置いておく」というのもそれはそれで1つのリスク管理ですからね。

トランクルームを借りる際は盗難されないような物件を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です