【必読】防災グッズの収納場所でおすすめはココ!災害時に備えよう

とらおです。

2011年の東日本大震災、そして2016年の熊本の震災を受けて、災害時に備えて防災グッズを準備している家庭が増えました。

私の実家や祖母の家でも2011年以降、万が一に備えて防災グッズ(備蓄品がメイン)を用意していますが、ただ防災グッズを用意しているだけでは無駄になってしまう可能性もあるようです^^;

その収納場所では使い物にならない!?

多くの方が防災グッズの収納場所を玄関やベランダ、キッチンに置いていることが多いそうです。私の実家もキッチンや玄関に置いていますが、大規模な災害に見舞われた場合、そもそも家に入れなくなるケースもありますよね。

つまり、いざという時に備えていた防災グッズが使えない!!汗

もちろんマンションや一戸建て、何階に住んでいるのかなど、一人一人シチュエーションが違うので、災害後に無事に家に出入りできる可能性もあります。ですが、津波や土砂崩れで家が流されてしまった場合は・・。

防災グッズを用意しているだけでも素晴らしいのですが、せっかく備えているなら収納場所も考えて、いざという時に万全の状態を作れるようにすることも大切なんでしょうね。

防災グッズの収納場所もリスクヘッジが大事

これはビジネスで成功している知り合いの社長さんに聞いた話ですが、何事も事前対応、そしてリスクヘッジをすることが大切だそうです。

その方も災害時の対策をしていて、防災グッズの収納場所も複数箇所に分けているそうです。

・玄関に1セット
・別荘に1セット
・トランクルームに1セット

別荘というのは私のような一般人には参考になりませんでしたが、トランクルームをわざわざ借りている、というのは驚きました。最近トランクルームを調べ始めた私にとっては「あ、そういう使い方もあるんだ!」という感じです。

確かに防災グッズって普段は邪魔ですし、しっかりした設備のトランクルームに置いておけばいざ災害が起こったとしても預けた荷物は守られる可能性が高いですからね。

防災グッズだけならボックスサイズで十分ですし、月々5,000円程度で借りられることを考えたら、最悪の事態への備えに対する投資としては安い気もしてきました。ビジネスの成功者はやっぱり視点が違います。

防災グッズの収納場所に困っている人や、いざという時にちゃんと防災グッズを活用出来るようにしたい人はトランクルームも検討してみると良いかもしれませんね。安心も得られて、家もスッキリすると思いますしね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です