自転車通勤してる人は会社付近にトランクルームを借りると便利

ロードバイクやクロスバイクなどで職場に自転車通勤をしている人の中には、会社の近くのトランクルームを借りている人が増えてきています。

公共の自転車置き場や駅前の駐輪場では傷がついたり、普通の自転車よりも高価なので盗難やイタズラに遭いやすいのではないか?

という不安からレンタルしているのが主な理由です。

また、雨風を防げるので錆や劣化対策にもなるのがメリットとなります。

スーツと汗対策グッズを置いておこう

まず最初に、自転車通勤でトランクルームを活用している人たちの使い方を見ていきましょう。

必需品はスーツとタオル、制汗スプレーやギャツビーなど汗を拭くアイテムです。

スーツは出社するので当然ですが、タオルと制汗スプレーは自転車通勤をすると汗をかくので、汗対策ということになります。

もし会社の近くに早朝から営業しているジムがあれば、ジムの会員になってロッカーを借りればシャワーも浴びられて一石二鳥なのですが、それができない場合にトランクルームで代用するような流れです。

また、トランクルームの近くにスーパー銭湯のようなものがあれば、それはそれで有効活用できるので念のため調べておくと良いですね。

会社にシャワーやロッカーなどの設備が備わっている場合はトランクルームだけ借りれば十分です。

自転車通勤で人気のトランクルームサービスは?

2017年6月現在、ロードバイクやクロスバイクで自転車通勤している人たちの間で人気のトランクルームは「キュラーズ」と「ハローストレージ」の2社になっています。

・キュラーズ

キュラーズは全て屋内で空調も完備されているので、自転車の出し入れの時もひんやりしていて快適です。都内の主要エリアでは利用できるので、まずはキュラーズから探しましょう。

⇒キュラーズ 公式サイト

・ハローストレージ

ハローストレージは屋内・屋外両方あり、全国トップレベルの物件数を誇っています。

キュラーズで検索してヒットしなかった場合や、料金をもっと安く抑えたい時はハローストレージを積極的に活用してみてください。

⇒ハローストレージ 公式サイト

サイズは1畳が適切!気になる料金は・・

(出典:キュラーズ

自転車通勤の場合、レンタルするトランクルームのサイズは1畳が適切です。

0.5畳だとさすがに入りきらない可能性が高く、2畳は広すぎるので無駄なお金を払うことになります。

1畳分なら自転車も余裕を持って収納でき、スーツや汗対策グッズなども保管するには十分のスペースがあります。

もちろんスペースの狭い広いの感覚は人によって異なるので、最終的には正式契約する前に見学をして確認することが大切です。

気になる料金はトランクルームのタイプやエリアによって異なります。

例えば比較的単価の高いキュラーズで見た場合、新宿のような都内でも有数の地だと最大月2万円ほどかかる場合もありますし、立川のように少し都内から離れた場所だと12,000円程度で借りられます。

ハローストレージだともう少し安く抑えられるので、大体8,000円〜2万円前後の月額料金がかかると思ってください。

多少高くても設備を取るか、金額を安く抑えるか。
あとはご自身でご判断頂ければと思います^^

⇒品質を重視するならキュラーズで検索してみよう

⇒節約したいならハローストレージで検索してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です